日本語化マニュアル

IntelliJ 日本語化
WillBrains が開発し、オープンソースとして無料公開している Pleiades というツールで、PhpStorm や Android Studio のような IntelliJ IDEA ベースのデスクトップ製品を日本語化することができます。 これは AOP (横断的関心事を解決するテクノロジー) で実行時に Java クラスローダーをフックし、クラスをバイトコードレベルで動的に書き換えて対象の Java アプリケーションを日本語化するもので、10 年以上利用され、今も随時更新されています。

日本語化に関するバグ報告や翻訳コントリビュートは弊社の Pleiades 開発者による Twitter アカウント @willbarainsおよび Pleiades フォーラムで受け付けています。翻訳追加やコントリビュート方法は readme.txtを参照してください。日本語化する方法は、以下の 2 つがあります。

方法1:Pleiades インストーラー 方法2:手動コピーと設定ファイル編集
難易度 簡単 (数クリック) 少し難しい (インストーラーの動作を手動で実施)
対応 OS Windows, macOS Windows, macOS, Linux
その他の違い 本体起動前に適用可能なため初回起動ウィザードから日本語 基本的には日本語化前に英語で本体を起動する必要あり

方法1:Pleiades インストーラーで簡単日本語化 (おすすめ)

Pleiades ダウンロード Pleiades インストーラー

Windows、Mac の場合は Electron で作られた日本語化用のインストーラーが付属しているため、簡単に日本語化することができます。上記、 https://mergedoc.osdn.jp/からお使いの OS に該当する zip ファイルをダウンロードして解凍し、Windows の場合は setup.exe、Mac の場合は setup.app でインストーラーを起動してください。Linux の場合は下記の方法 2 を参照してください。

日本語化後に製品が起動できないなどの問題が発生した場合は、後述の 日本語化 FAQ を参照してください。

方法2:手動コピーと設定ファイル編集で日本語化 (上級者向け)

1. Pleiades を構成ディレクトリにコピー

上記でダウンロードした zip を解凍し、中の plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/ を {構成ディレクトリ}/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/ にコピーします。構成ディレクトリは OS によって異なり、初回起動時に作成されますが、デフォルトでは不可視になっているため注意してください。次の 2. で VM オプションファイルを作成・編集します。
OS 構成ディレクトリ VM オプションファイル名
Windows C:/Users/(ユーザ名)/.{product_version}/config {base_name}.exe.vmoptions
macOS /Users/(ユーザ名)/Library/Preferences/{product_version} {base_name}.vmoptions
*nix /home/(ユーザ名)/.{product_version}/config {base_name}.vmoptions
{product_version} の例: IntelliJIDEA2017.2 , PhpStorm2017.2 , RubyMine2017.2 , etc...
{base_name} の例: idea, phpstorm , rubymine , etc... (Windows 64bit の場合 idea64 などのように bit が付く)
Pleiades は必ず製品ごとの構成ディレクトリに配置し、C:/Users/(ユーザ名)/pleiades のようなディレクトリに配置しないでください。複数の製品やバージョンから同じ pleiades を参照すると起動しなくなったり不具合が発生します。

2. カスタム VM オプションファイルを編集

JetBrains 製品を起動し、上部メニューから Help > Edit Custom VM Options... で vmoptions ファイルを開き (初回は新規作成ダイアログが表示されるので Yes を押す)、下記の 2 行を最後に追加して再起動します。このファイルは構成ディレクトリに保存されます。なお、Windows でのパス区切りはスラッシュでも円マークでも OK です。
-Xverify:none
-javaagent:(構成ディレクトリのフルパス)/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

日本語化 FAQ

日本語化したら起動しない!

構成ディレクトリの VM オプションファイルをエディタなどで開き、指定した pleiades.jar のパスに間違いがないかご確認ください。なお複数の製品やバージョンを使用している場合は、Pleiades を共用しないでください。cache ディレクトリの内容が混ざって起動できなくなる可能性があるため、必ず製品・バージョン別に Pleiades を配置してください。

アプリをバージョンアップしたのに反映されない?

通常は自動的にクリアされますが、何らかの理由により Pleiades のキャッシュが残っている可能性があるため、構成ディレクトリの jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/cache ディレクトリを削除してください。または、メニューから "ファイル" > "キャッシュの破棄" > "破棄して再始動" すると、再起動時にアプリのキャッシュ破棄機能に連動して、jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/cache もクリアされます。

resources_jp.jar の日本語化と何が違うの?

JetBrains が公式に resources_jp.jar で日本語対応していましたが 2011 年に廃止されました。その後、有志によりメンテナンスされていましたが、JetBrains がそれ以降の実装でリソースファイルの使用を考慮しなくなったため、追加された機能はハードコードが多く、翻訳されなかったり、一部のビューが表示されないなどの問題が発生するようになりました。Pleiades による日本語化ではそれらの問題を回避しています。Pleiades を使用する場合は、resources_jp.jar を併用すると不具合が発生するため、併用しないでください。

英語に戻したい

VM オプションファイルに追加した 2 行の先頭に # を入れて無効化し、再起動してください。

JetBrains 公式マニュアル日本語サイトβ

JetBrains 使い方マニュアル WillBrains では製品の日本語化だけでなく、IntelliJ IDEA、PhpStorm などの使い方、入門ドキュメントからリファレンス、上級者向けの高等テクニックまで網羅されている JetBrains 公式ヘルプの日本語サイトを公開しています。
IntelliJと日本語マニュアル連動 Node.js 版 Pleiades と Google NMT のハイブリッド翻訳機構により、常に最新のオリジナル英語版の変更が自動的に反映されます。完全な内容は英語版を参照してください。


また、Pleiades を導入すると、左図のようにメニューからのヘルプ、設定画面左下の?アイコン、各ビューやエディターで F1 キーで、そのコンテキストに応じた日本語マニュアルサイトを開くことができます。

公式ショートカット一覧 PDF 日本語版のダウンロード

マニュアルの他にもキーボードショートカット一覧 PDF の日本語版を提供しています。
下記からお使いの製品に対応する PDF をダウンロードしてください。